テレビ会議の質の高さが可能にする芸術界での応用

###Site Name###

映像や音声を転送する通信技術の発展は、会議を容易にするシステムとしてテレビ会議やWEB会議を生み出しました。

WEBを介して個々の端末をつなげることができるWEB会議は最近になって登場したシステムとして人気を高めているものの、テレビ会議もまたWEB会議とは全く異なるシステムとして現在でも応用が進められています。

WEB会議に比べてテレビ会議が優れている点として筆頭にあげられるのが音質や画質の高さです。

Web会議といえば情報満載のサイトがたくさんあります。

音声や映像を転送することに特化している機材を用いていることから、その鮮明さにおいてWEB会議とは雲泥の差を出すことができます。

そのメリットが生きる現場においてはテレビ会議が重宝されているのが現状です。
鮮明さが必要とされる現場として芸術作品を扱う現場があります。
アンティークの鑑定を行ったり、ダンスなどの指導を行ったりすることも鮮明な映像を通せば実現可能であり、テレビ会議システムを導入することによって遠く離れた場所からでも鑑定や指導を行うことが可能です。

鑑定の眼力を持っている人はそれほど多くはないことから、こういったシステムを介して鑑定できるというのはコスト削減や労力の削減につながります。

また、優秀なダンサーなどは世界で活躍することも多く、その指導者は専属である場合もあれば何人もの指導を行っている場合もあります。

AllAbout

練習場に機材を設置しておくことで世界中のどこで練習をしているときでもリアルタイムで誰にでも指導ができる体制を作ることができるでしょう。